二宮和也

輝けるDECADE~ニノ~

‘嵐でしか活動したことがないから比べるものもないし、俺自身、仲がいいとは思わない。ただ、会う人、会う人に嵐は仲のいいグループだって言われる。それだけ言われるってことは、仲の良さが嵐のひとつの魅力なのかもしれないね’

嵐のターニングポイントとなった仕事は、2006年の凱旋記念公演になると思う。初の海外ライブだったから、現地の子は嵐を知っているのかな?とか、ちゃんと盛り上がるかどうかの不安は個々にあったんだけど、いざ台湾や韓国でライブをしてみたら熱烈な歓迎を受けて、隙あらば嵐コールhappy01あれは感想したなぁ。その反響もあって、日本に帰って来たら大阪と東京の2大ドーム公演をさせてもらえることに繋がるわけで、こんなに長い期間のツアーをやった事がなかったし、まだ出来んのかって、単純にアジアツアーが続く事が嬉しくてね。俺たちは同じ事をやってるだけなんだけど、毎回新鮮だし、楽しかったsign01また新しいツアーをつくれるわけだから悲しくなったりはしないけど、ファイナツの東京ドーム公演は感慨深かったことは確か。ライブの最後に5人で手を繋いで挨拶をしたとき、嵐はひとつの壁を超えることが出来たのかもって思えたんだ。

嵐のメンバーは不思議な存在ですね。例えば、家族って死んでも家族にしかならないでしょ。強いて言うなら、恋人はお嫁さんや夫になったりするだろうけど、友達ってどうあろうと友達にしかなれない。でも、俺にとって嵐のメンバーは家族でもあり、友達でもあるわけ。いろんな役回りが出来る人たちで、なんかひとつの括りで収まらない関係性なんだよね。家族にも成りえるし、友達にも成りえるし、仕事仲間でもあるし、いろんなものに当てはまる人たちだから不思議だなって思う。昔からお互いがお互いを大切に思っているから年月が過ぎるほど絆も深まるし、だから夫婦みたいになんでも通じ合えちゃう。ただ、この4人とじゃなかったら10年も嵐を続けてこれなかったんじゃないかな。20年後も30年後も変わらずに進化してたいって思います。

mobaq嵐でいちばん長生きしそうな人は?

リーダーheart釣りが趣味で楽しそうだし、なんか長生きしそうでしょhappy01

mobaq究極の選択 ①一生冷房しか使えない部屋 ②一生暖房しか使えない部屋

冷房がなくても風通しのいいところに行けば、それなりに涼めるから②

mobaq嵐を家族に例えると?

親父がリーダー お母さんが翔くん 長男が相葉くん 次男がオレ 三男が潤くん

mobaq落ち込んだ時に聴きたい曲は?

『素晴らしき世界』その名の通り、素晴らしい歌だし、サビの部分の歌詞が落ち込んだ時の気持ちにしっくりくる曲だから♪

mobaq嵐でいちばんのさみしがり屋は?

オレかなぁ!?自分ではそんなに感じないけど、昔からこの手の質問は他のメンバーに支持されちゃう。

mobaq自分にとってのプチ贅沢って?

時間を無駄に使うこと!同じマンガを立て続けに2回読んだり、右折だけで実家に帰ろうとしてみたり。積み木を立てて崩すみたいなもんで、時間を無駄に使っている時が楽しいsign01

mobaq好きな数字は?

‘8’昔から憧れている原(辰徳)さんが現役時代につけていた背番号♪

mobaq朝起きてすぐ聴きたいお目覚めソングは?

『言葉より大切なもの』寝起きだからバラードよりテンション上がるBGMがいいもんねぇ♪一日の始まりにふさわしい曲だと思うなhappy01

mobaq卵料理で得意なのは?

卵かけご飯heart料理じゃないって?それなら目玉焼き♪

mobaq究極の選択 ①空を飛べる能力 ②世界中のどの国の言葉も話せる能力

②。飛行機の情報とか見ると空の世界は寒そうだもんcatface

| | コメント (0)

観劇 (注:ネタバレあり)

本日、「見知らぬ乗客」観劇good・・・実際には、もう‘昨日’だけど、、、なんというか・・・最初から最後まで、‘狂気の世界’でした、、sweat02‘狂気の世界’っていうのは語弊があるかな、、、ニノ演じる‘ブルーノ’が‘狂気’なだけで、物語自体は、そんなに現実離れしたストーリーではないね。よくある話、でもないけどcoldsweats01・・・決して、`面白かった’‘楽しかった’とは言えない舞台劇です、、、

世界が認めるニノの演技を生で観れるのを、ワクワクしながら待っていたら!初っ端、最初のワンシーンからグイっと飲み込まれてしまいましたsweat01丸飲みです、、テレビドラマや映画とはまるで違う発声と演技♪舞台演技だからね、多少、オーバーアクションではあるけど、それを自然な感じに見せてしまうニノ♪セリフの抑揚もかなり激しいのだけど、これまた全然不自然に感じさせない、完璧な言い回し!一喜一憂する表情も、全く隙がない!どこをとっても、どっから観ても、目を閉じて声だけ聞いても、100%‘ブルーノ’なんですgood‘二宮和也’はこれっぽっちも存在してない。

物語が進むごとに、エスカレートするブルーノの‘狂気’。それはもう、観ていて怖くなるくらい!後半、ラスト30分くらいずっと狂いっぱなしcoldsweats02精神的に壊れていくのと、身体的にもアルコール中毒で壊れていくブルーノを、見事に演じきったニノheart04決して同情出来るような役ではないけど、最後はあまりにも惨めで、可哀想で、泣けてしまいますweep

この舞台、なにせ、セリフが多いsign01しかも、みんな早口sign03セリフにかぶる、セリフ、ってのも頻繁にあるし、舞台は目まぐるしく回るんだけど、それもまた上手く活かされてて、すごく自然な流れで動いてる♪それがものすごく観ていて心地いい演出でしたheart04

初めて行ったグローブ座は、思っていた以上にこじんまり♪今回の席は、2階の一番端。一番端だと、舞台を真横から観る感じになるけど、舞台までの距離はすごく近い♪ほんの2,3メートル先に、ニノがいる感覚でしたheart04

| | コメント (4)

始まり、、

いよいよ、明日、ニノの舞台初日の幕が上りますsign01いやぁ~、楽しみですheart04・・・って、観に行けるわけでもないのだけど、、coldsweats01それでも、ちらっとでもエンタメニュースでやってもらえれることを期待していますsign03ほんのちょこっとでも観てみたいのでheart04

LOOK at ★!plusより

この間、稽古場でさ、何人かが「これ、言ったら『マクベス』なのかな」みたいな会話をしてたんだけど、それ聞きながら俺、「言ったら、つっても、‘マクベス’ってなんだっけな、、、」みたいな。『マクベス』、観た事はあるけど覚えてないし、そもそもこの『見知らぬ乗客』がまだよく分かってないし、話の意味するところが、全然見えなかったんだよねcoldsweats01

この話は50年以上前にヒッチコックが映画にして、それがすごく有名なんだけど、舞台もその年代のアメリカの話として進むのね。言ってみれば時代劇だよ、外国の。だから列車のシステムとか駅の名前とか、なかなかピンと来なくて。更に俺がやるのは殺人鬼らしいんだけど、動機がはっきり描かれてないんだよ。ブルーノってヤツで、ある男を落としいれようとしているんだけど、何故そうしたいのか、何故人を殺すのか。言ってみればサイコキラーなのかな。でも実は、こういう役って意外に簡単に出来ちゃうの。だって、普通に生きてて、なかなか殺人鬼には出会わないじゃん。だから、そういう人に対するみんなのイメージの引き出しが少ないんだよね。凶器を持ち出せば、それだけで‘殺人鬼’は完成しちゃう。3秒ぐらいで認識してもらえると思うよ。でもそれじゃ、イヤなんだよね、俺は。どんな人が一番リアルに怖いかって、何を考えてるのか分からない人でしょ?でも、何を考えているのか分からない人にも、ワーワー言ってる人もいれば、言ってない人もいるだろうし。そのあたりをどうするかはこれから決めていくけど、いずれにしても、あんまりやり切った感は出さないようにしてる。

大体、演技してて達成感なんてないからね。そこ(自分の満足感)に明確なものを求めると、それはただの自己満足になっちゃう。それを求めていい場合もあると思うし、他の人がそうするのは全然いいんだけど、俺はダメなの。やり切った感なんて覚えちゃうと、それが答えになっちゃうから。どんな芝居も、それは舞台でも映像でもなんだけど、やってる間はモヤモヤしていたい、っていうのが自分の理想かな。だから、ブルーノも分かんないまんまいくと思います。演じる役が理解出来ないのは、俺にとっては悪いことじゃないの。だって二宮和也という人間のことだって、未だにどういうヤツなのか分かんないもん。

最初からやり切っちゃいけないと思うのはね、『見知らぬ乗客』が舞台だから、ってこともすごく大きい。テレビドラマは・・もちろん、全部がそうだってことじゃないよ・・一方的に届けるでしょ。だから時にはやり切っちゃう必要も出てくるのね。それに対して舞台、、厳密に言うと、舞台に限らずライブでやる娯楽全般なんだけど・・・は、温度が違うのね。演出家と演者の作品に対する熱と、さらに見せる側と見せられる側の熱と。その熱をどう調整するかってことがすごく大切になる。逆に言うと、その熱をその場で調整出来るのが舞台なのね。例えば、演出サイドが作品にめちゃくちゃ情熱を持ってても、演者がそれを消化してないと話にならないし、見せる側がいくら作品について知識が豊富でも、見せられる側がそれについていけないと「テキサス?どこなのそれ?えっ、何ホテル?」みたいなことになるでしょ。今回はそこら辺を細かく砕いていかないと、勿体無い事になるんじゃないかと思うわけ。意味無く難しくなるのはイヤだな、と思うんだよね。だって、舞台って客席に700人いるなら、出演者とスタッフと700人でやってんだよね。だからみんな携帯電話の電源も切るしさ、その舞台に集中するわけじゃない?その緊張感って、何も舞台に出てる役者さんの緊張感だけじゃなくて、700人分を足した緊張感なんだよね。

多分、この舞台にはサービス的な笑いなんて一つもないと思う。そういう緊張感たっぷりの作品、救いのない話は嫌いじゃないです。嫌いだったら、戦争に行って、仲間はどんどん死んでいって、自分は捕虜になって・・・なんて話はやれないよcoldsweats01でも暗い話をやってる時は、なかなか喜びは見出せないよね。いや、いいんだよ、もし‘シリアス俳優’と呼ばれたとしても、それはそれで全然OK♪その分、ありがたいことにバラエティという場所があって、明るさや楽しさはたっぷり補わせてもらってるし。俺ね、そんなに欲張りじゃないの。「シリアスな芝居でも楽しい想いがしたい!」なんてことは思わない。でも、ちょっとだけ振り返ってもいい?ちょっと前までは俺、明るい役も色々やってたよね。『山田太郎ものがたり』とか楽しかったね、、、うん、楽しかったhappy01いや、でもちょっと待って?『ピカ☆☆ンチ』は2時間弱の映画の20分間、フルフェイスのヘルメット被っててさ、全身タイツみたいな服でさ。撮影、冬なのに超薄着で寒くって、意味分かんなかったな。あれはツラかった、、。ということは、どの時代も楽しいことばっかりじゃない、ってわけだね、うんcatface

| | コメント (2)

旅の途中

この作品は’50年代のアメリカ・テキサス州が舞台。僕は行った事がないし、究極の話もう行けないんですよ、その時代のそこには。でも、それを具現化しないとっていうのはあって。結局、分かってないとセリフも出てこないし、伝わんない。芝居って気持ちが入ってないから伝わらないんじゃなくて、分かってないのに雰囲気で言うから伝わんないんだと思うから。かといって’50年代のテキサスに行ける訳じゃないから苦労してるんだけど。

今回もそうだけど、自分が出てない場面の台本は読まないんですよ、僕。だって、実際の生活で次に何を言われるか、何が起こるかなんて分かんないでしょ?台本全部読んで、頭で決めちゃうと人のセリフを聞かなくなって・・・結果、テンポで芝居をしちゃうっていうか、、。僕の好みだけど、そういうのはつまんないと思うから、見せたくないっていうのはあるかな。まぁ、台本を読まない言い訳ですcatface

嵐を離れて1人で仕事をする時って、知らない場所へ旅に出る感じ・・・なのかな。嵐の中にあるものを持って出かけるんだけど、その荷物は少ないと思う。旅ってそういうものでしょ?普段の生活より荷物が多くなる事はないし、いつか終わるものだし。この舞台も8月には終わる訳ですよ。でも、嵐は終わらない。ま、10年‘終わらない旅’をしてるんだから、必然的に1人の時より、母体である嵐にはいろんな荷物がいっぱいあるよねhappy01

プライベートで旅行ってあまりないけど、例えば、景色でも生とテレビじゃ全然違うってのは百も承知。ただ、良いものを見るとそれが基準になっちゃうでしょ?そうするとあれより面白くなかった、良くなかった、って感情が出てきて・・・それはもったいないと思うから、新たな発見が出来るように基準は低く保っていたい、ってのがあって。逆にそういう事に左右されなくなったら、旅に出たいと思うのかも。旅ねぇ、、僕にとっては‘後悔するもの’。行っても行かなくても後悔すると思うから。人って何かそういうとこあるでしょ。   (by.TVガ○ドより)

相変わらず‘嵐愛’を惜しみなく口にするニノheart04どんなに周囲が俳優・二宮和也を評価しても、‘嵐の一員’であることを前面に押し出すニノが大好きです♪

| | コメント (0)

僕らの足跡

ポ○ロ、10周年記念ソロインタビュー第3弾登場は、二宮くん♪見開きアップでアイドル笑顔のニノちゃんheart04ニノのお肌はアップで見ても、ツルッツルshine永遠の17歳は健在!と書かれている通り、顔立ちも昔から変わらず、どこか少年っぽさが残っております♪

嵐のメンバーってみんな根が真面目なんですよ。だから、たとえグループ結成時に戸惑いの気持ちがあったとしても、それはそれ。自分がやるべきことは、最初からちゃんと丁寧にやっていたし、だからこそ今があるんだと思います。

’99年のグループ結成直前、俺は映画制作を勉強するために留学がしたくて、それに向けて貯金してたから、メンバーに選ばれたことは予想外のことだったんだよね。で、気付いたらハワイにいて、デビュー会見は俺の苦手な船の上でしょう、、、案の定、船酔いで気分悪くなっちゃうし、散々・・・coldsweats01でも、モチベーションはどうあれ、やらなきゃならないことはキチっとやるべきだと思ってたし、目の前のことを放棄するつもりは全くなかったな。

グループを結成することで、ちょっぴり嬉しいこともあったんだ。Jr.の時って大人数だし、何をするにも団体行動でしょう。俺はとにかく団体行動が苦手だったから、嵐になってメンバーが5人に固定された時の方が、気持ち的にはラクだったhappy01それに、メンバーはみんなそれまでに話したことがある人たちばかりだったし。何より4人がすごくイイ人たちで、最初から雰囲気が良かった。それについては恵まれてたなぁと思うよhappy01

『HERE WE GO!』ツアーの夜に5人で語り合ったことは、他のメンバーも話してたと思うけど、実は俺はあの時はあまり発言してないんだよ。どちらかというと4人の話を聞きながら‘みんないろいろ考えてるんだぁ’‘嵐ってすごいなぁ’と傍観してた感じhappy01メンバーの考えがわかったという点では忘れられない出来事だったけど、あの話し合いがグループがまとまるきっかけになったとは思ってない。というか、そもそも俺は一度も‘俺たち、まとまっていかなきゃ!’とか‘グループとしてこうしていくべきだ!’とか考えたことないからね。だって、まとまったらひとりひとりの個性とか才能が死んじゃいそうだし、そういうのは本意ではないから。だけど気付いたら俺らはすごく仲が良くて、いつしかその仲がいい、ってことさえグループの魅力になってた。言ってみれば、‘まとまってる’のにひとりひとりの個性や才能は殺されてない。こういうのってやろうと思ってもなかなか出来ることじゃないし、そういう意味では一種の才能じゃないかなぁと思う。多分、この5人だからこそ作れた雰囲気なんだろうね。

デビューしてから今まで、本当にいい10年間でしたよ。でも、それはこれからも続いていくことだけどねhappy01

| | コメント (1)

王子から王へ

今回のオリ☆スタ、表紙を開くとドドーンと見開きで、ソーラー充電中のおーちゃんがおりますhappy01つくづく、端正な顔立ちだなぁheart04heart04Secret of ARASHIのページ担当はマツジュン♪でもって、その裏にはニノの会見TOPICS♪ん~、、、FC先行も一般発売にも玉砕して、寂しい限りですが、ニノの舞台は楽しみhappy01

karaoke今回の舞台にかける意気込みは?

殺人鬼だとか、ちょっと頭がオカシイ人の役をやるにあたって、僕は普通でいたかった、というか。怒ってる時にイライラしたり、悲しい時に泣く、っていう素直な感情じゃない、訳の分からない衝動っていうのが僕の中では一番怖いんですよね。だから、そういう日常をうまく作って、来てくださる人たちを巻き込めたらいいなという風に思ってます。

karaoke今回の役柄のどんなところに魅力を感じますか?

二面性と言いますか、、狂気を主体に考えると、殺人鬼だったりするんですけど、むしろその狂気というのがワンポイントのエッセンスみたいになってるのかなと思いますね。あとはすごく素直。その素直さが台本を読んでて僕は怖かったです。

karaoke二宮さんの中にも狂気はある?

狂気・・・考えた事ないですねぇ、、でも、あると思いますよ。ゲームだとかトランプだとか、自分が楽しめるものを1コ見つけると、異様に、ひたすらそれを楽しんでるし、集中の仕方が人とチョット違うのかな、と。

karaoke殺人者の役を演じるに際して、どんなお気持ちですか?

やっぱり辛いものはあると思います。だって、(殺人は)やりたくないことですから。それを毎日やらなきゃいけない、っていうのは大変だと思いますけど、物語を楽しむことが一番だと僕自身は思っているので、暗い話だろうと明るい話だろうと、その世界に喜びを見つけて素直にやったらいいんじゃないかと思います。

karaoke英語での演技指導に戸惑いは?

そんなにないです。アッカーマンが英語で何か言うのを聞いてると、授業とか講習を受けてるみたいな感じになるし。あと、秋吉さんがすごい英語を喋れるから、二人の会話を聞いてると、なんか別の現場みたいな気分になるし。いろんな楽しみ方があって好きですけどね、僕は。

karaoke海外の方と組むのは2度目ですが、何か仲良くなる方法はありますか?

常に笑っとくっていうcatface 相葉くんという、身近にいい見本がいますから、彼を見習ってね♪相葉くんは「分かんなかったら、とにかく笑え!」って言ってるんで、それを実践してみようと思ってます

karaokeお母さん役の秋吉久美子さんに関してはいかがでしょう?

以前、『青い炎』で共演させてもらってまして。その時も秋吉さんはお母さん役で、僕は殺人犯だったんですけどcoldsweats01でも母とは考えられないですね、母はもうすでにいるので、比べちゃうとやっぱりね。比較対象として良すぎますよ、うちの母はお地蔵さんみたいな感じですからcoldsweats01

karaoke秋吉さんが「王子から王にならなければいけない」という発言をしていましたが、その自覚はありますか?

でもまぁ、嵐の中では絶対にない立ち位置なんですよ。基本的には僕はいつも端っこにいるじゃないですか。うちの一番顔の濃い人がだいたい真ん中で。だからそう考えると、こういう場で真ん中に立たせてもらっても、見える景色っていうのがやっぱり少し違いますね。すごい緊張します、、、ってそれは嘘ですけどhappy01

karaoke今年、嵐はデビュー10周年。何かやりたいことはありますか?

とにかく今は舞台のことしか考えてないですね。松本くんはドラマ、翔クンはニュースとドラマ、相葉くんはバラエティ、でリーダーは・・・‘釣り’と、個人活動も今いろいろやってますんでsmileみんなが集まった時、また何かやろうかなとは考えてますけど

karaokeこのところ、TVドラマへの出演が続いてましたが、舞台との違いは?

違いはそんなにないですね。嵐以外のお仕事っていうのは、基本アウェイなんでcatface

karaoke嵐みんなは観に来てくれる?

そうですね。ただ、その時期はちょっと・・・。まぐろfishsign01だなんだって言ってる人がいますんでhappy01ひとりだけちょっと来れない可能性がありますけど、それ以外は来てくれるんじゃないですかね。ま、でも単純に楽しむために来てくれる人たちなんですよ♪なので、みんな来てくれると思いますhappy01

釣りの話が出ると、記者の方たちからも笑いが起こり、反応の大きさに驚いたらしいニノ♪おーちゃんの話題で盛り上がれる状況が大好きだもんね、ニノhappy01

| | コメント (0)

そこにあるもの

女性○身の表紙のニノにドキドキする気持ちを抑え、‘ぴ○’をご購入♪ニノのビジュアルももちろん大好きだけど、独特の感覚でインタビューに答えるニノの言葉はじっくりと味わなければ♪

テーマは‘生’

‘生’とそれ以外の違い、っていうのは、受け取る側にとっての違いですからね。テレビの画面なのかスクリーンなのか、誌面なのか、そりゃ見る人にとっては違うと思いますよ。でも僕にしてみれば全部‘生’だし。だから変わんないんですよ、どっちも。緊張感やライブ感ってことでいうと、客前であるかどうか、生放送であるかどうかよりも、演じる役柄を持っているかどうかの違いの方が大きい気がしますね。セリフが決まってないバラエティ番組なんかの方が、よっぽど‘生’なんですよ。もっと言えば、居酒屋で知らないオジサンと喋ってる時の方が、ずっとずっと生だし。何言われるか想像つかないからさ、集中して話を聞くじゃない?聞こえなかったらもう一回聞き直したり。舞台で相手のセリフが聞き取れなかったから聞き直す、ってことは、あんまりないでしょ。

同じ‘生’でも、お芝居の時は役柄を一枚着てるのに対して、コンサートだとそれを脱ぎ捨てた‘二宮和也’というキャラクター、本人の素材がちゃんとそこに存在しないといけない。どっちも難しいけど、僕の場合は素材のまま戦う方がより難しいかな。例えば、今回のお芝居で耳を疑うような汚いセリフが出てくるんだけど、それを役として言ってる限りはお客さんもまあ、ついてこれるじゃないですか。けど、僕がコンサートのMCでそのワードを言ったら、お客さんドン引きですからね。そういう、キャラクターが持てる強さみたいなものが全くない状態で、僕らいつも戦ってるんで。だからセリフや動きが決まってる分、舞台は、むしろありがたいなぁ、って感じですね。

前に、舞台では本番中ちょいちょい記憶が途切れる、って話をしたけど、コンサートの時にはさすがに記憶が飛ぶことはないね、テンションを振り切らないようにしてるから。僕らのコンサートはただ歌ってるだけじゃなくて、流れも作んなきゃいけないし、考えること多いし、ホントに何があるか分かんないから。例えば本番中メンバーのひとりに何かトラブルがあった場合、自分がどう動けばバランス取れるのか、っていう、ステージ全体の‘引き’の画(え)を一瞬で見なきゃいけないから、、テンションを振り切ること、出来ないよね。その点、お芝居だと全体を見るのは演出家さんの仕事だから、俺はあんまり意識しないでいい。自分の進むべき方向を考えるだけです。

舞台の本番中に、体から血が出ていてもきづかなかったという逸話を持つ、その集中力は?

それは集中力とはまた別の話じゃない?ある種の責任感、なのかな。コンサートでもそうですけど、血が出てようが骨が折れてようが、そんなことってどうでも良くて、踊ろうと思えば踊れるんですよ。だってそれはやんないと失礼じゃん!いや、痛いのは痛いかもしれないよ、でもそれを認めたら負けだから、認識しなきゃいいだけの話。・・・お金払ってもらってるわけだから、そこは大事ですよ、めちゃくちゃ大事!こっちは2時間半なら2時間半の時間を、9千円とかで売ってるわけですよ。しかも僕らが預かった2時間半という人の時間の価値は、本来もっと高いからね、それくらいの料金なんかじゃ収まんない。それでも買ってくれてるわけだから、少なくともその時間分は満足させないと!って思いますね、、、、うん。だってさ、‘時間返せよ’みたいな舞台もあるじゃん。そういう場合は文句言っていいと思ってんの、俺。観た人は何言ってもいいし、インターネットで何書いてもいいと思う。その権利も含めての料金だから。だから僕は知り合いの舞台を観に行っても、ダメだったら本人にはっきりそう言いますよ。招待で観に行くのは嵐のメンバーの舞台だけ。あとは自腹。だってそうしないと正直なこと言えないからさ。自腹だから、あんまり観に行かないけどcoldsweats01

その(観劇の)日を中心に仕事のシフト組む人だっているわけじゃんか。それで観に行ったものが面白くなかったら我慢出来ないよ。俺は心が狭いから、そう思うわけ!逆にその芝居が面白かったら、また働こう、って思えるしさ、もしかしたら働く楽しさにだって成りえるかもしれない。動機は不純な方が長続きするんだからさ、、、。俺はね、元々団体行動ってのがほんとに苦手で、運動会も遠足も林間学校も臨海学校も、嫌で嫌でしょうがなかったの。だから今でも映画館とか劇場とか、正直言うと好きじゃない。コンサートなんか、やるのはいいけど観には行けないし。そんな俺からすると、開場、開演、休憩、終演って時間が全部決められて、入場も退場も規制されてさ、ほんとにお客さんはキツイだろうな、って思うわけ。だから、自分が舞台に立つ側になると大変だよね。そのキツさを我慢してでも観て良かった、というものをやらないとって思うから。

初日しか来られないお客さんがいる限り、初日からしっかりしたものを見せる義務があるし、それが出来ないなら‘初日2割引’とかやって欲しいよね。同じ業界の人たちが花を贈ってくれるのは‘完成おめでとう’ってことでしょ。なのに‘初日でバタバタしちゃってごめんね’なんて常套句、使うなよって思うの。だから僕自身の目標としては、開幕初日にピークを迎えて、それを千秋楽まで維持したいです。もちろん、維持するのって一番難しいんだけど。・・・これはあんまり良くないことなんだけど、幕が開いてからのダメ出しには無責任に‘了解’って言えない自分がいる。本番期間中も舞台をより良くしていこうという作業は素晴らしいんだけど、今日自分に出来ることは既に全部出し切ってるからさ。その上でダメを出されて‘OKです、明日はそうします’って言えるほどの力は、僕にはまだないかな・・・。それが出来るんならなんで稽古中にやんなかったのかな、って考え方もあるし。今日やりきった公演に対して自分として後悔が残ったなんてことは、絶対ないしね。どこまでフラットでいられるか、っていう所が最大のポイントじゃないかと思います。僕、本番前にストレッチとか発声とか、気合い入れとか、しないんですよ。それを否定してるわけじゃないですよ、一緒にやろうって言われたら‘いいですね’ってやるんだけど。でも特に今回の役は、分かりにくいんですよ。だからあんまり力いっぱい作りこんでやっちゃうと、観る人との温度差がどんどん広がってく一方だと思うから。あんまり気合を入れたくない気がしますね。

今作は災難級に熾烈なチケット争奪戦が予想される。そんな状況を率直にどう思う?

熾烈な争奪戦にもなるでしょう、嵐の二宮クンが出てるんですからっhappy02sign01・・・ほんとに有り難いことですね。会場が埋まるだけでもう、大富豪の遊びと言われても仕方ないぐらい贅沢なことだから、本当ならギリギリまで(お客さんを)入れてあげたいな、って思います。でも、入場数が決まっちゃってるからそういうわけにもいかないんだよね。ひとりでも多く観てもらえたらとは、すごく思うんだけど、この作品を青山劇場とかの広さでやるとそれは多分違うんだよな・・・。そこは分かってもらえたらというか。とにかく‘金返せ!’って言われないよう、頑張ります♪

| | コメント (2)

やっぱり、、、永遠の17歳♪

今月の「winkup」、表紙はニノちゃんsign01・・・めちゃめちゃ可愛いですheart04思わず2度見しちゃいましたsign01髪にワックス付けてないニノって、こんな感じなのね、、、記事内のスナップ写真も全部可愛いっheart04制服着たら確実に高校生です!・・・翔クンや横山クンの学ラン姿はちょっと無理矢理な感じもあったけど、ニノならまだイケるgood・・・と思う♪ホントに、可愛いhappy01heart04

打ち合わせの時に、「winkup」さんから「野球やりませんか?」って言われて。でお、オレひとりで野球やったことないからさ、どうやってやんのかなぁ?って思ったんだけどcoldsweats01そこで「あぁ~!じゃあ、国立がいいんじゃない?」ってオレが言って。まぁ、それっぽい写真が撮れると思ったんだろうねsmile国立でコンサートやってるし、写真的にもつながるかな、って。でも、コンサート以来だったね、国立競技場。トラック、客席、スタンドをぐるっと回って、聖火台まで行ってみると・・・やっぱり思い出すね♪あの聖火台を使った演出のときは、怖かったなぁ~、とかcoldsweats01 いやっ、ホント怖いんだよ、マジで!柵も何もないからさ、「あぁ、ここから落ちたら死ぬな、、、」とか思ったもん。よく覚えてるよ。ホントにね、いい思い出になってます、今も。今日はトラックに降りて、キャッチボールしてみたけど・・・シュールだったねcatfaceだって、シュールでしょ?走るところだもん!あそこhappy02やぁ~、でも、なんかなぁ・・・不思議だよね。お客さんが入ってない状態で見ると、そんなに大きさを感じないんだけど、お客さんが入ると、全然印象が変わるんだよね。改めて、不思議だった。やっぱ1回やってるからだろうな。これが2回、3回とかなったらまた印象も変わってくるんだろうけどさ。そんな場所でコンサートしたんだね、嵐さんhappy01嵐も大きくなった?いやっ、、、ホントに嵐、スゴいんだよ。オレ、昨日メシ食ってて思ったけどさ、メシ食ってて普通に「嵐ってスゴいね、スゴいね」って言われるからね、みんなに。嵐ってスゴいんだな、ってことに、最近気付いてさhappy01ちょっとビックリしちゃったな、オレ。

10周年に向けて言えること?「がんばりますsign01」だねhappy0110周年を過ぎたら「もっとがんばりますsign03」ですから。もっとがんばった方がいいでしょ、そりゃ。10周年がんばったんだから。この10年で得たもの、ですか?一番得たものは・・・、・・・・・お金じゃないsmile?10年前よりは持ってるかな、って思う。えっ、、、お金以外ですか?難しいなぁsmileなんだろう?際(きわ)かな、際(ぎわ)。やめどきとかさ、始めどきとかさ、、、そういう判断は良くなったかな。‘際’を見るのがすごく上手くなったような気がする。だから、ギリギリセーフも出来るし、ギリギリアウトも出来るし。それは個人としても、嵐としてもね。だって、大宮SKとかもギリギリアウトじゃんhappy02 うん、、、あれは、ホントにアウトなんだよ、マジで。結果アウトだったっていう・・・いい例だよね、大宮SKは。あれは、まさに際っ際ですhappy02そういう‘際’の判断は出来るようになったんじゃないかな。この10年を振り返ってみると、やっぱり・・・長かったですよ、そりゃ。だって10年だよ?野球選手だったら、もう行きたいとこ行けるんだから。メジャーとかみんな行っちゃうんだよ。良くがんばってるよ、同じところで。ホンットに10年は長いですよ。ただ、ひとつの区切りとか節目ではあるけど、あんまり意識はしてないかな。別に・・・だってね?オレ、10歳のときにすごい誕生日会やってもらったって感じでもないしね。なんら変わんなかったよ、9歳と。19歳から20歳になるときは寝てたし、、、ゲーム機持ってcoldsweats01でもこうしてさ、みんなが嵐の10年を祝ってくれるのは、すごく嬉しいよね。祝われることは、すごくいいことだなぁって思う。10年っていうのをさ?こうやって振り返れるっていうのはいいことだよね。こういうきっかけでお祭りが出来るっていうのは。だから、今幸せですよ、ホントに10年だからね。「おめでとう」ってみんなが言ってくれるのは、幸せですよ、マジでhappy01

| | コメント (3)

さすがです^^♪

第46回ギャラクシー賞、個人賞にニノが選ばれましたshineおめでとう~happy02ジャニーズとしては初受賞だそうで♪ホントにすごい人です、二宮くんgood「DOOR TO DOOR」の演技はホントに凄かったsign03ベテラン俳優さんでもあそこまでの演技はなかなか出来るものではないと思えるほど。それをサラリとやってのけるニノの才能にただただ感服heart04「現場で台本読んでる姿を見た記憶がない」と語っていたのは「流星の絆」で共演した錦戸くん。「二宮くんは天才」とも。ん、同感です♪

pencil優れたテレビ、ラジオ番組を表彰する08年度ギャラクシー賞が28日、発表され、個人賞に嵐の二宮和也(25)が選出された。対象作品はTBS系連続ドラマ「流星の絆」と同局系特別ドラマ「DOOR TO DOOR」。受賞理由について「最も難しい行き場のない思いの表現を、誇張することなく見る者に伝えることのできる感性は、若手俳優として群を抜いていた」としている。

 「流星-」は錦戸、戸田恵梨香とともに幼いころに両親を惨殺された兄弟を、「DOOR-」では、障害を抱えながらもトップセールスマンとして活躍する青年を演じた。二宮は「本当に共演者、スタッフの皆さまのおかげだと思います。当日は受賞者の気持ちではなく、両作品の代表者として出席させていただきます。ありがとうございます」と話している。

| | コメント (0)

青の炎、、、

なぜかここ数日‘ニノ祭り’開催中heart04始まりはずっとずっと観たかった映画『青の炎』・・・公開当時、‘アイドルがこんな映画に?!父親殺しの少年役??’って衝撃を受けた覚えアリ。すごく興味はあったけど、わざわざ映画館に行くほどのものでもなくて、テレビでやったら観ようかな、って思っていた程度。半年前に『魔王』でおーちゃんを知り、嵐メンバーを知っていく中で、ニノを見てまず思ったのは‘あ、『青の炎』の子だ’!それから半年、ようやく、、やっと観ることが出来たっhappy01

やっぱりね、、わかってはいたけど、、、当然だけど、、ニノはすごいっsign03すごく繊細な17歳の少年の役を見事に演じてる。・・・もうね、惚れるheart04当時も今も、演技のスタイルは全く変わってないのです。‘演じている’っていうより、二宮和也が持ってる人格のスイッチを切り替えてる感じ。嘘の見えない演技、なのかな、‘ニノってこんな子なの?’って錯覚起こしそうになるくらい、自然な感じcatface

観ている途中、ちらちら思い浮かんだのは、‘成瀬領’・・・。17歳の真中友雄と秀一の姿がダブって見える、、、自分の身に迫る終末に、冷静に対応する姿は特に、、。領のカラーは赤だったけど、秀一のカラーは青。その色の使い方もダブって見えた原因の一つなのかな、、共演の松浦亜弥ちゃんが‘救い’のポジションだったのも、ね。

観終わって、‘面白かった!’とは決して言えない映画だけど、‘観れて良かった’と思える映画movieようやく、胸のつかえが取れた感じ♪・・・改めて、、、ニノは素敵ですっhappy02heart04

| | コメント (3)