« 第7話 | トップページ | バードマンхヤッターマン »

第8話

book領(大野智)は、しおり(小林涼子)の一言に胸を締め付けられ思わず抱き寄せてしまうが、その目には涙が…。 直人(生田斗真)は死んだ池畑の言葉から、"真中友雄"が生きていると確信。しおりを訪ね、池畑が持っていたタロットカードをサイコメトリーしてもらう。すると11年前の雨の日、直人に無罪判決が出た日の残像が!直人はこれは犯人からの「自分は"真中友雄"だ」というメッセージに違いないと受け止める。
驚くことに、しおりが「その人に会ったかもしれない」と言う。その判決が出た日、しおりに「弟の為に証言してくれてありがとう」と言って傘を貸してくれた少年がいたらしい。直人はその少年こそが「雨野真実="真中友雄"」だとしおりに告げる。領はしおりの事が気になり復讐心に迷いが混じりつつあった。そんな中、しおりから花火大会に誘われる。一瞬戸惑いながらも、領はその誘いを受け入れることに。その二人のやり取りを見ていた直人―――。胸を締め付けられるような思い・・・ 直人は、また雨野から赤い封筒が届いたとしおりに告げる。しかし・・・領はそれを見てなぜか愕然とする。自分は送っていないのに・・・!?実は、直人に赤い封筒を送ったのは山野(清水優)だった。領は、怒りを隠せないがここ数日、復讐計画が予定通りに進んでいないことを山野に指摘される。さらに「直人を許すのか!」と言われ、ぎくりとする。葛西(田中圭)のマンションに赤い封筒が届いた。あて先は書かれていない・・・一体、葛西と宗田(忍成修吾)のどちらに宛てて届いたのか・・・?犯人の真意を測りかね、激しく動揺する二人。そこへ直人がやって来た。自分に赤い封筒が届いたので、二人に届いてないかと確認するためだ。しかし、宗田は「届いてない」と嘘をいい、葛西にも「不倫がバレてもいいのかよ」とウソを強要する。
一方、妻の麻里と葛西との関係を知ってしまった典良は、裏社会の大物・大隅の手下である佐々木に二人の動向を探らせていた!今までに見せたことのない、まるで魔王のような表情を浮かべる典良の思惑とは… 終焉に向け、いよいよ最終局面に入った復讐のシナリオ!!狙われるのは葛西?宗田?それとも…!?そんな中、直人はついに衝撃の真実に辿り着く!!

heart突然の雨に、しおりちゃんが差し出した傘を受け取る領。11年前、同じように友雄がしおりちゃんに傘を差し出した事を思い出す領。思い出したのではないのかな、しおりちゃんを見るたびに常に浮かんでいた情景なのかも。ただ、それは友雄だった時の優しい気持ちが起こした行動だから、、思い出さないようにしていただけかも。一生懸命抑え込んでいたけど、しおりちゃんの優しさと変わらない素直な気持ちに、一瞬封印が取れたのかな。すごく優しい表情の領でした。一転、次の日図書館に向かう領は険しい表情。自分の揺れる想いを断ち切るように、母と弟の写真を見る領がとてつもなく哀しい、、、哀しすぎる、、、その後、加速する復讐計画・・・なんですweep

『魔王』全話の中で、唯一、穏やかな時間が流れるのが花火大会のシーン。領をただただ待つしおりちゃん。本当は行かない方がいい、とわかっている領も、最後に一度だけ、自分の気持ちに正直に行動するの。約束の日、わざと仕事を入れたのに、待ち合わせに向かった領は‘待っていてほしい’と思っていたはず。「・・良かった、来てくれて」というしおりちゃんに、心の中では「待っていてくれて、良かった」と思ったでしょうね。・・・花火を嬉しそうに見るしおりちゃんを、切なく見つめる領が、とてつもなく、切ない、、weep

7話に続き、この回も胸が締め付けられるような大ちゃんの表情演技、、、。見ているだけで息も絶え絶えsweat01苦しくなる、、、bearing・・・そんな中、とびっきりの笑顔を見せてくれるのもこの回!花火大会に誘うしおりちゃんを笑顔で見つめる大ちゃんの顔がもう~sign03スペシャルに可愛いheart04・・また、、落ちた、、、どこまで急降下するのかな、、、smile同じ笑顔が見れるのは・・・『ひみつのアラシちゃん』での‘ギネスに挑戦’、Tシャツ87枚目と、この間の『VS嵐』、フォーリングパイプ新ルール説明でダブルキャッチをポーズる大ちゃんnote

|

« 第7話 | トップページ | バードマンхヤッターマン »

魔王 DVD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第7話 | トップページ | バードマンхヤッターマン »