« 第1話 | トップページ | 第3話 »

第2話

book11年前の忌まわしい記憶―――直人(生田斗真)が領(大野智)の弟・英雄を刺殺してしまった事件――― 領の壮大な復讐は、まずその記憶を直人に呼び覚ますことから始まったのだった・・・その事件の担当弁護士であり、直人の父・栄作(石坂浩二)が経営する会社の顧問でもあった熊田(森下哲夫)が殺された翌日。熊田の通夜に、芹沢家の面々が出席する中、加害者・林(きたろう)の弁護人である領も出席していた。領と初めて顔を合わせた栄作は強い関心を示し、なんと領を顧問弁護士として迎えたいと言い出す。典良(劇団ひとり)や直人が困惑する中、領の顔には、意味深な冷たい笑みが浮かんでいた。

熊田の事件に関する捜査本部が縮小される中、地道に「雨野真実」を探していた直人の元に、またしても宅配便が届く。中には前回とは違う絵柄のタロットと、謎の手紙が同封されていた。今度はどんな意味が隠されているのか・・・!?自分に送られてくる意味が分からず、すっきりしない直人だったが、タロットカードが届いてすぐ熊田が殺された事に気づき、中西(三宅裕司)らと共に、今回も自分の周囲の人間が狙われるのではと予測する。誰かの恨みをかう人間…、直人が思い当たったのは、父栄作。
その頃、直人の中学からの友人で取り立て屋の石本(脇知弘)は、知り合いの保証人になってしまった新谷多恵(奥貫薫)という女性から多額の金を取り立てる為に追い込みを掛けていた。そのあまりの激しさに、多恵は心の平衡を崩していく・・・
また、同じく直人の親友・葛西(田中圭)は、直人の兄であり、自分が秘書として仕える社長・典良の妻・麻里(吉瀬美智子)と自室で会っていた。しかしその時、意外な闖入が。 果たしてこれも、領の策略なのか・・・その領は、図書館で再びしおり(小林涼子)に会っていた。両親がいないという共通点もあり、自然と惹かれあっていく二人。しかし、そこに直人の姿が・・・

heartいよいよ動き出した歯車。優しい顔を見せる時の成瀬領、時々『PIKA☆NCHI』のハルに見えたりするsweat01すっごく可愛いheart04

「僕は悲しい想い出から目をそらせたりしませんから」としおりに語る領。‘悲しい想い出’だけを見つめ続けた11年。ほんのちょっとでも目をそらすことが出来たのなら、友雄として生きることも出来たかもしれないのにね、、、

ユリの花言葉、、純真・無垢・・・聖母マリアの象徴です、、と教会で、、神の前でそう語る領の心の内には、憎しみしかなかったのかな。・・・あまりにも辛すぎます、、

<MOON>謎めいたことが起こる暗示。その謎に対して成す術はなく、動く毎に混乱する

「vol2.jpg」をダウンロード

|

« 第1話 | トップページ | 第3話 »

魔王 DVD」カテゴリの記事

コメント

こんにちはぁ〜。
確かに、ハルに見えますねっsmile
あのハルの可愛い表情heart04
やばいです!!
おもわず、にやけちゃいます(笑

投稿: キャラメル | 2009年1月30日 (金) 19時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530596/43886854

この記事へのトラックバック一覧です: 第2話:

« 第1話 | トップページ | 第3話 »